運転免許の取得方法に迷う人に役立つ情報サイト

>

注目の合宿免許!運転免許を取るのにおすすめ?

短期間で運転免許が取得できる

合宿免許を選ぶ大きなメリットは、短期間で免許が取得できることです。
こちらは、教習所が指定する合宿施設に入ったうえで、運転免許の取得に専念するやり方が大きな特徴です。

運転免許の取得には、自動車教習所を卒業する必要があります。
そのためには、学科教習と技能教習の単位を取得することが大きな課題です。
特に、技能教習の乗車予約がネックになることを知っておきましょう。

しかし、合宿免許では技能教習も組み込まれているため、予約が取れないなどの心配は不要です。
また、免許取得を目指す仲間がいる、免許取得に集中できる環境にあるなど、いろいろなメリットが大きいのではないでしょうか。
地元だけでなく、全国にある自動車教習所のなかから選べる楽しみも大きいですよね。

免許取得に専念できる時間が必要

合宿免許を選ぶ大きなメリットは、短期間で運転免許が取れることです。
通常、自動車教習所に入ってから「2週間」が目安になるといわれています。
極端な話ですが、車のハンドルに触ったことがない人でも、2週間後には車の運転ができるようになるのです。

ただし、その期間中は自宅を離れる必要があります。
また、合宿施設に入るためには、学校や仕事を休まなければなりません。
そのため、まとまった休みが取れない人には向いていないでしょう。

学生の場合は、夏休みや春休みなどを利用することが可能です。
しかし、アルバイトをしている人は休む必要があるため、収入が途絶えることは避けられません。

それとは別に、教習のスピードについていけないことや、卒業が延びるリスクも考えておきましょう。
合宿免許を通じて友人ができることが期待されますが、見知らぬ人との共同生活にストレスを感じるかもしれませんね。


この記事をシェアする

トップへもどる